派遣社員がキャッシングを受けるために必要なこと

 

突然お金が必要となったとき、キャッシングにてお金を借りることが出来れば安心ですが現在の社会的な立場において、正社員ならともかく派遣社員、バイト、無職のような立場だと信用の問題でなかなかうまくいかないことがあります。もしお金が必要になったとき、どういった方法でお金を借りればいいかについて記述していきます。

 

キャッシングサービスの種類と選択

 

お金を借りるためのサービスはたくさんありますが、まず自分が今持っている銀行口座やクレジットカードはありますか?もし今使用している金融サービスにおいてキャッシング機能を使用できるのであれば、そこからお金を借りるというのがいちばん手っ取り早いといえます。しかしそこにおいても審査をした上で融資の判断をすることになるため、登録している情報に問題がいないか、今までの返済に滞りがないか調べられますのでこの段階で借り入れが出来ないというのであれば、自分の信用情報を見直したうえで、身分証明、収入証明を提示できるものを準備して改めてキャッシングサービスへ申し込みをすることをお勧めします。

キャッシングサービスは検索するだけでもたくさんのものがあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますが、基本的にはテレビ・雑誌等で広告を見たことのある有名な企業のものをいくつかピックアップしてそこから自分の現状に合ったサービスを狙って申し込みをしていきます。銀行系のキャッシングと消費者金融系のキャッシングが大半を占めますが、審査の時間や厳しさを考慮すれば、即時に結果報告・即時に借り入れの出来る消費者金融系のものをお勧めします。

 

無職ではお金は借りられないのか? 派遣社員は?

 

キャッシングサービスのサイトのトップページには「一秒審査」などと銘打ってまず簡単にお金を借りることが出来るかどうかの判断サービスがあります。ここで職業欄で無職を選択すると大抵の場合、というかほぼ確実に借り入れできないとの結果が出てきます。やはり無職の場合だと返済が不可能とみなされるからです。でもバイトや派遣社員の場合だと実際に仕事をして給料をもらっている立場なので借り入れできる可能性はあります。申し込みや審査の際に職場の名前と連絡先を提示できるというのが条件になります。キャッシングサービスも門戸を広げていますのでその辺は安心していただいてかまいません。

 

申し込みの際の注意点

キャッシングサービスにおいて「今すぐ申し込み」みたいなボタンを押すと、そこから名前や連絡先、職場の情報などを記入するフォームが出てきます。これに正しい情報を記入して審査が通るようにしていきます。この時に気をつけてほしいのが他の金融機関での借入金があるのか、また最近他の金融機関に申し込みをしているかという点です。

これはお客様の信用情報に直結したものなので借入金が多い場合、半年以内に3つ以上金融機関への申し込みをしている場合だとお金に困っている、返済能力がないなどと判断され審査に落ちてしまう恐れが高いです。自分の信用情報に傷が付いている場合は機械的に処理されて、在籍確認や証明書の提出をする以前の段階ではじかれてしまいますので過去の自分の返済や申し込み等を把握しておく必要があります。もし不安がある場合はCIC情報開示センターにて調べることが出来るので利用してみる価値はあると思います。

CICでクレジットの信用情報を開示してカード申請の参考にする
私は金融カードではクレジットカードとして楽天、キャッシングとしてアイフルを利用していますが、それまでに何度か他のサービスを申請して落ちたことがあります。何故落ちてしまったのかそういったのを調べるためだとか、申し込み回数をオー...

 

身分証明・収入証明を準備する

まず身分証明書ですが大抵は運転免許証があれば大丈夫です。これは顔写真付きの証明書としては定番のものになり、様々な金融機関においての判断基準になります。免許がない場合はマイナンバーカード、住民基本台帳カードが次点としての提出書類になります。マイナンバーについては通知カードは受け入れられない場合があります。また顔写真付きの書類がない場合は年金手帳や保険証などが必要になりますがサービスによって2点以上必要とする場合もあるのでサイトで必要な書類を確認しておく必要があります。

アイフルのサイトより

 

次に収入を証明する書類も必要になってきます。前年の年末調整票や直近の給与明細などがこれに該当しますが書類に会社名が書かれていること、この会社名が申し込みフォームに書かれているものと一致していることが前提になります。派遣社員の場合だと派遣元から給与をもらうのが大半なので派遣元の名前がついているものにしましょう。名前が把握できないものだと後の電話による質疑応答で説明をする必要も出てきますで気をつけましょう

 

アイフルのサイトより

 

電話による質疑応答と在籍確認

 

確認書類の提出の前後にキャッシングサービスのオペレーターから電話が来ます。その際に申し込み本人であることの確認や仕事について聞かれます。派遣社員の場合は「派遣元」とは別に「派遣先」の会社名や電話番号を聞かれたりします。そのときにちゃんと回答できるように用意しておく必要があります。

そして一番重要な在籍確認があります。これはオペレーターが会社に電話をして申し込んだお客様がそこに在籍しているかどうかを確かめます。しかし会社の人にキャッシングの申し込みの旨は伝えず、ただ申し込んだお客様がいるかどうかだけの確認になるので簡単なものといえる半面、従業員が多数いたり、派遣社員についての在籍には対応できない、もしくは個人情報保護の都合上そのようなことには回答できないということもあり、在籍確認が出来なかったせいで審査に落ちてしまったということにもなりかねません。一番の大きな壁といえます。事前に会社の担当と話をつけて「在籍確認の電話が来る」というのがわかればいいのですが、お金を借りている等の事情は話したくないことでもあり難しいものです。

 

お勧めのキャッシングサービス2社

以上、述べてきた点を踏まえて、そして実際に自分で内容を調べ、申し込みをしてきた経験を踏まえてこれはお勧めできる!と思ったキャッシングサービスを2社紹介します。これらを選択した基準は消費者金融系のもので即時審査・即時融資ができること、また在籍確認における柔軟性のあるところだと判断したことによります。他にもサービスはたくさんありますが、一度に多数申し込みをすると、信用情報への申し込み履歴が蓄積されてしまい、審査落ちする確率が高くなるので、「条件が合うならまずここに申し込んでみてはどうか」といった申し込みの優先順位の高さで選んでいます。

 

SMBCモビット

キャッシングの大手であり広告も良く見かけます。このサービスにおいて特に申し込みにおいて有利なのは条件が揃っていれば在籍確認の電話を回避できる可能性があるということです。

・Web完結による申し込み

・会社発行の健康保険証

・直近2か月分の給与明細

・三菱UFJ銀行もしくは三井住友銀行の口座を持っている

これらの条件を全て満たせば在籍が出来たことを確認できるための判断材料となるために電話による確認は行われず会社の人に知られる心配がないといえます。会社発行の保険証や特定の口座があるかで変わってきますが条件を満たせばかなり有利に働きます。

 

アイフル

 

アイフルは実際に私が申し込んで審査に通過したサービスであり、個人的にも好感がもてます。基本的に証明書を用意して、電話での質疑応答にうまく答えられたら大丈夫です。証明書の提示についてもこのページの「身分証明・収入証明を準備する」の項で見ていただいたとおりアイフルのサイトの画像のとおり証明書の門戸が広いというのもあります。さらに電話の質疑応答の経験ですが在籍確認の電話に自信がないという旨を伝えると会社への電話を免除してもらえる可能性があります。オペレーターの方も申込者に対し柔軟に対応してくれ、結果的に審査にも通過したのでお勧めします。

派遣社員でもアイフルの審査に通りました
派遣社員だった当時、家賃支払いに困っている際にキャッシングサービスを受けようと思っていて、最初にアコムの審査を受けたのですが落ちてしまいました。もう駄目だと思いながら、それでもめげずに次のキャッシングサービスの申し込み・審査...

 

このような形で派遣社員という立場でありながらも、きちんと準備が出来ていればお金を借りることが出来ます。試さないうちに諦めるよりもまずは行動あるのみです。お金に困っている人にとってこのページが参考にして審査に受かるようご検討をお祈りします。

コメント