無職でもクレジットカードを作ることは出来るのか?

 

私にも働いているときはありました。でもそんなときに限ってクレジットカードを作ろうという発想はなく、現在無職の状態でクレカを作ろうとしても申し込むときに職業・収入・在籍確認など不安な要素がいっぱいあって躊躇してしまいます。実際にカード申し込みをして今まで1勝2敗という状態です。でもクレジットカードはあればキャッシュレスでの生活が出来てとても便利なものです。ここでは今までクレジットカードの申し込みと審査結果を受けてきた中において気をつけて欲しいことなどを綴っていきます。もしこれカードを作りたい、でも無職で不安であるような人の参考になれば幸いです。

 

そもそも無職という立場はどういうものか?

私は以前はバイトをしたり派遣社員として働いていました。どちらも非正規雇用という立場なので仕事面においても給料面においても正社員に比べれば待遇はよくないし、ボーナスがもらえるわけでもありません。まあこれは正社員になるしかないというわけです、簡単な話、クレジットカード作るにしても審査に有利な「働いている人」になれというわけですが、自分の性格上、もう決まった時間に起きて、決まった職場に出勤し、職場の人間関係をこなし、お客様への対応もこなし・・・という生活はいやで、なんとかネットで収入を得て暮らすことが出来ないかと一念発起し、今は無職の状態で、ヤフオク、アフィリエイトの収入で生活できています。しかしお金のやりくりをしていく中でやはり決済が簡単に済む、お金がない場合に先払いができるクレジットカードは魅力的なため、無職でもクレジットカードが作れるかということでネット上の情報を調べたり実際にいくつかのカードを申し込んだりして試行錯誤していました。

 

自営業として看板を立てる

「無職はクレジットカードは作れない?」という疑問に対して簡単に結論を言うと「無職という立場を名乗れば作れない」です。これはクレカに限らず消費者金融にてお金を借りるときも同様です。働いていないということは収入がない・返済能力がないと判断され、金融業者からのイメージも悪いです。そのため申し込み時に職業欄に「無職」という選択肢があったら使わないことです。

でも大半のクレジット会社には無職という選択肢がなかったり、主婦・学生・フリーター・派遣社員という立場でもカードを作ることは出来ます。主婦や学生は保護者の収入で、フリーターや派遣社員は非正規雇用であっても働いているという立場で判断されるので大丈夫です。しかしこれらに該当しない無職の場合はもし収入や貯蓄があるという場合は職業の選択肢を変えることによってカードの審査には通ることは出来ます。職場に通わずとも、会社で雇用されていなくともアフィリエイターやトレーダーなどは個人で生計を立てているわけであり、これは立派な自営業といえます。申し込む際の職業欄には自営業と記入すれば大丈夫です。

 

どうせ作るなら3枚は欲しい

では実際にクレジットカードを作ろうと思った場合、どこから手をつけていけばいいのかとなりますが、クレジットカードのサービスで国内はもとより海外においてのサービスも賄っている大手3社があります。それはVISA、JCB、MasterCardです。これらの銘柄の付いたカードがあれば大抵のサービスは受けられます。これは私の生活と使い分けによる考えでもありますがそれぞれのクレジットサービス3社分のカードを一枚ずつ作っておけば今後の生活はいっそう便利になると思います。

 

1枚目はデビットカードで十分

 

クレジットカードを作った場合、返済用に銀行口座が必要になりますが、実はその口座のキャッシュカードにデビット機能の付いたものがあります。これはそのままクレジットカードと同様に使え、即時決済が可能です。デビットカードとクレジットカードの違いはお金をいつ支払うかというだけで、デビットカードは銀行に貯金しているお金から直接支払うという形なので貯蓄のある人には便利だと言えます。またクレカと違って誰でも口座が作れるため審査というものがないためすぐにクレジットカードとして使うことが出来ます。口座でキャッシュカードと一緒にデビットカードの機能をつけることの出来る銀行もありますのでチェックしてみてください。ちなみに私はジャパンネット銀行のVISAデビット機能付きのキャッシュカードを使っています。一枚のカードで複数の機能が使えるためお勧めです。

クレカとして使えるJNBのVISAデビットカード
クレジットカードが今すぐ欲しいけど作れない、そういう方にはデビットカードをクレカ代わりに使うという手もあります。これは銀行口座のキャッシュカードと一緒のものなので口座に貯金があればそこから直接決済が出来るという優れモノなので...

 

2枚目は光熱費支払い用に

 

デビットカードは誰でも作れるし貯金の残高以内でやりくりできるのですが、もしその時点でお金がないときはやはりちゃんとしてクレジットカードで先払いがしたいものです。私も光熱費の支払いの際に貯金残高が足りず、延滞してしまうことがありますがクレジットカードがあればそういう時は先に支払ってとりあえず今の生活を保つという形で使っているので大変助かります。もしどのカードにするか迷っている、もしくはカード会社にはこだわらないというのであれば、自営業という立場でも作りやすい、実際にカード審査に通ったという報告例の多いところで申し込みをしたいものです。私の場合は楽天カードでなんとか審査にとおり、クレジットカード生活をやっています。

無職でも楽天カードを作ることが出来ました
私が唯一持っているクレジットカードがこの楽天カードです。光熱費の支払いなどで必要となり実際に使ってみると便利なので今では自分の生活の要になっています。無職というか、アフィリエイト等のネット収入で生活している身でも作りやすいこ...

 

3枚目は現金なしの普段の買い物に

 

デビットカード(VISA)、そして最初に作ったクレジットカード(JCB)といった形で現在私は2枚、いわゆるクレジット大手2社のカードを持っているわけですが、後1枚、MasterCardのクレジットカードが欲しいです。そして実際に申し込みをしたのですが審査に落ちてしまいました。なぜ後1枚欲しいかといいますと、重い・小銭の入った財布を持たないで、カードケースだけの軽いもので気軽に外を出歩き、気ままに寄った店で買い物が出来るという生活がしたいためです。たしかに既に持っているクレカでそういうことは出来るのですが光熱費支払い等の毎月決まった金額が引かれるカードとは別に使い分けたいからです。さらにいつも通っているスーパーのポイント還元が出来るものが欲しいということでイオンカードを申し込んでいたのですが残念無念、今のところまだ入手していません。なので傾向と対策を練ってもう一度審査にチャレンジしようと思っています。

無職がイオンカードの審査に落ちた話
楽天カードを使うようになってからキャッシュレス生活という便利さに惚れてもう一枚クレジットカードを作ってみようと思いました。その中において魅力を感じたのがこのイオンカードでした。しかし実際に申し込んでみると審査に落ちてしまう始...

 

クレジットカード申し込み時の注意点

私自身クレジットカードの申し込みを何度もしたり、ネット上で審査に通りやすいカードや申し込みする際の対策情報などを見てきてだいたいのコツは掴んでいるわけではありますが、今すぐに新規でクレジットカードの申し込みをしようとは思っていません。何故なら自分の信用情報、いわゆるクレジットカードヒストリーをクリーンな状態にするために返済を毎月ちゃんとする、キャッシングを含め金融会社への申し込みはしばらくしないままにしておく等の対策を行っているからです。

あとはこれまで培ってきた情報を元に作りやすいカード会社を選び、申し込みの時点で職業欄に気をつける、キャッシング機能は使わない、会社名・屋号は自分の姓にするなど工夫を重ねて晴れてクレジットカードを手に入れるようにしたいと思っています。現在の段階ではまだ完璧ともいえず、最初に作った楽天カードでの返済をきちんとするのが先決なので最終的な結論や対策等はまだいえない状態ですが今後もカード関係の情報を少し筒更新していくつもりです。またこのブログを見た人で無職の立場でも借りることが出来た、このカード会社だったら大丈夫など有益な情報があったらコメント欄でもいいのでお知らせいただければ幸いです。

長文になりましたがご覧頂きありがとうございました。

 

コメント