無職でも楽天カードを作ることが出来ました

 

私が唯一持っているクレジットカードがこの楽天カードです。光熱費の支払いなどで必要となり実際に使ってみると便利なので今では自分の生活の要になっています。無職というか、アフィリエイト等のネット収入で生活している身でも作りやすいこともあり、またポイント還元もあるためお勧めできるカードです。ここでは楽天カードの申し込みにおける注意点を記載していくのでこれからカードを作られる方にとって参考になれば幸いです。

 

無職でも収入があれば大丈夫

 

実際に無職であってもクレジットカードは作れるのか?という疑問はこれからカードの申し込みをしようとする人にとっては大きな悩みですが、無職といっても「職場に通って誰かに雇用されている立場」じゃないけど収入はある、という人はたくさんいると思います。例えばネット上に広告を張って収益を得るアフィリエイター、オークションやせどりなどで生活している人、または株の損益で生計を立てている人様々いると思います。だから実際は自営業だとか自由業みたいな形で振舞えばカード申し込みする際も年収等の記載もできるし、職場においても自宅の住所を書くだけで大丈夫です。私も派遣社員を経ていまはネット収入で暮らしています。クレジットカードの魅力は今頃になって知ったわけなので仕事をしていた当時に作っておけばよかったなと後悔はしていましたがネット上にある「無職でもクレジットカードは作れる」系のまとめサイトを見ればそこには申し込みにおける対策が書かれているのでそれにしたがってやってみると案外うまくいくものです。

 

楽天カードへの申し込みと注意点

ネットで「無職でも作りやすいカード」というテーマで検索をしてみると筆頭として挙げられるのは楽天カードでしょう。こちらは通販の大手でもあり楽天ポイントが還元される、年会費無料ということで会員数もトップクラスなため安心して使えるカードです。新規入会される方には最初から多数のポイントを付与したりして楽天側としてもサービスの向上に努めています。そして申し込みと審査についての対策情報も豊富に揃っているため、はじめてクレジットカードを作ってみたいという人にもお勧めです。

 

楽天カードのサイトから申し込みをしますが、大まかに2つ分けてお客様の「ご本人様情報」と、「勤め先の情報」を入力フォームに入れていきます。

まずご本人様情報ですが、これらは普通に住所や連絡先を入れていけばいいのですが無職の人にとって重要な点を述べると、携帯電話とは別に固定電話を持っているかというのはお客様に対しての信用があがるという意味では有利と言えます。そして本人の年収と預貯金についても正直に書いて下さい。ここに書く数字でカードの与信枠にも反映されてきます。

 

そして勤め先の情報についてですが、ここでは無職という選択肢は選ばずに自営業といった形で入力します。そして勤務先の名前に関してはお客様の「姓」「苗字」を書けば大丈夫です。あとは住所、電話番号等はご本人様情報に記入したものをそのまま記載します。

 

あとはカード作成についてのお客様の希望等、他社の金融情報を入力しますが

・キャッシング枠は設定しない

・他社借入金はない方が有利

こういった点も踏まえて申し込み内容を入力・確認して送信します。あとは本人確認書類の提出や電話等で質疑応答することもありますが正直に答えれば大丈夫。「やるだけのことはやった」という形で審査結果が出るのを待ちましょう。この際に他社のカードの申し込み等は避けるべきです。楽天カードがお客様の信用情報を確認する際に他の金融機関への申し込み履歴を見て一定数以上の申し込みが合ったら審査にはじかれてしまう恐れがあります。

 

楽天カードが自宅へ届く

審査結果を待ち、しばらくすると楽天カードが自宅に届きます。玄関口で本人確認をしカードの入った封筒を受け取ります。中身はカードや口座振替依頼書、契約内容の書類、楽天カードに関するサービスのチラシ等が入っています。こういった流れでクレジットカードの使用を始めることが出来ますが、もし審査に落ちたとしても半年ほどまって信用情報をまっさらな状態にしたうえでもういちど申し込み内容を見直してチャレンジするのもいいかもしれません。楽天が駄目なら他のクレジットカードでも希望は持てるので諦めることはないです。

 

クレジットカード生活を始めて

楽天カードが届いてから初めてスーパーに現金を持たないで買い物に行ったのですがおつりを気にせずカードを提示するだけで済むという便利さ、カードケースに入れて散歩がてら店に寄るとか、通販においてもクレジットだとすぐに入金できる等、便利なことだらけです。その分与信枠ギリギリまで使ってしまったりリボ払いすることで返済が長引くなど注意することも多いですがキャッシュレス生活というのは一度はじめたら戻れないくらいですね。私は光熱費支払い用と普段の買い物用に使い分けたいため、あと一枚クレジットカードを作りたいと思ってます。これまでも審査落ちすることはありましたが、その都度対策を練ってカード作成できるようがんばりたいと思います。長い文章ですが御覧頂きありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました