WordPressがシェア30%を突破 – 3月CMSシェア

Q-Successから2018年3月のWebサイト向けCMSのシェアが発表され、WordPressのシェアがトップで30%を超えており、CMSを使っているWebサイトの10サイトに3サイトはWordPressを使っていることになる。

WodPressのあとには、3.1%のJoomla、2.2%のDrupal、1.2%のDrupalが続いている。1位のWordPressと2位のJoomlaのシェアには10倍ほどの開きがあり、CMSとしてWordPressが圧倒的なシェアを持っていることがわかる。

CMSを使っていないWebサイトの割合は長期にわたって減少傾向を続けており、2018年3月には50.3%までシェアを落とした。


1 None 50.3% 50.2% ↓
2 WordPress 29.9% 30.0% ↑
3 Joomla 3.1% 3.1% =
4 Drupal 2.2% 2.2% =
5 Magento 1.2% 1.2% =
6 Shopify 1.0% 1.0% =
7 Blogger 0.9% 0.9% =
8 Squarespace 0.9% 0.9% =
9 TYPO3 0.7% 0.7% =
10 Bitrix 0.7% 0.7% =
11 PrestaShop 0.6% 0.6% =
12 Wix 0.5% 0.5% =
13 Adobe Dreamweaver 0.5% 0.5% =
14 OpenCart 0.4% 0.4% =
15 FrontPage 0.3% 0.3% =
16 Progress Sitefinity 0.3% 0.3% =
17 DataLife Engine 0.3% 0.3% =
18 Weebly 0.2% 0.2% =
19 DotNetNuke 0.2% 0.2% =
20 vBulletin 0.2% 0.2% =

 

自分も無料のレンタルブログ使っていたときはいずれはWordpressにしようと思っていたけど、その時にMovableTypeとどっちにしようかって思ってたときがあったけど、いつのまにかシェアにこんなに差がついていたのか?

 

 

コメント